日本語教員という職業について

日本語教員という職業は別に公的なものではないです。ですから、基本的には誰でも名乗ることができる職業です。しかし、名乗ることができるのとその能力があるのとは大きな差があることです。民間の資格しかないわけですが、それでも文化庁がある程度、日本語の教員としての能力の基準を出しています。それは、基準的なシラバスの内容として、420時間以上の履修、としています。日本語教師関係の資格はいくつかありますが、これを一つの基準にしています。ちなみに日本語の語彙力も重要なことは当たり前ですが、英語などの外国語も重要ではあります。そうすることによって、教えるツールがいくつか増えるからです。これが大きなポイントの一つです。採用される時には日本語以外の言語を使えるのか、というのか意外と重要でもあります。それも学んでおくことです。

日本語教員の仕事とやりがい

日本語教員とは、日本語を母国語としない外国人に日本語を教える先生です。私達が英語をアルファベットや簡単な挨拶から学ぶように、全くわからない人達を相手に日本語での会話や読み書きができるよう教えるのが主な仕事です。日本語という言語だけでなく、日本と言う国や文化も理解してもらえるよう伝えるのも役割の1つです。日本で生活するなら、例えば箸の使い方などのマナーや考え方を身に着けた方がコミュニケーションに役立つからです。日本語教員の求人は日本語教師専門サイトに掲載されています。よく見られる条件として日本語教育能力検定試験合格者、または養成学校で420時間以上学んでいる事が求められます。仕事のやりがいは、全く日本語を理解できなかった人が自分の教えたことを理解し、生活の中で使えるようになるのを実感した時に大きく感じるでしょう。

日本語教員になる利点とは

日本語教員を志す動機には、広範囲に亘る理由が、想定されます。教えることが好き、日本の文化をアピールしたい、世界中の人とコンタクトしたいなど、仕事内容自体に惹きつけられる方もいれば、外国で業務につくためのメソッドのひとつとして、選択する人もいると考えられます。外国で業務につくうえで、求められるビザが獲得しやすいなど、特徴的なメリットがあるからかも、知れません。外国で勤めるためには、就労ビザを欠かすことが出来ません。日本語教員の業務は、専門職の仕事になります。有資格者の条件を満たして勤務するケースでは、外国での就労ビザが、取りやすいとされています。仕事する国によって別の条件が強いられる場合もあることから一まとめでは言えませんが、日本語教員のニーズが高い国では、就労ビザを獲得しやすい業種と言えます。