日本語教員になるためには

現在、日本国内外で非常に多くの人が日本語教員として活躍しています。そこで、日本語教員になるための方法について、ここで簡単にみておきましょう。まず、現在のところ国家資格というものはありません。また、学校の教員のように地方の教育委員会による採用試験なども行われていません。そこで、現在では、民間の養成講座を420時間修了、または日本語教育能力検定試験に合格、または大学院などで日本語を履修したことなど、いくつかのガイドラインを目安とした採用基準によって選考されています。もちろん、その選考基準も学校等によって全く異なります。経験者が優遇されることはもちろん多いですが、未経験だからなれないということも決してありません。日本語教員に興味のある方は是非これらを参考に、その道を目指してみてはいかがでしょうか。

日本語教員の魅力について

日本語教員は仕事のニーズがあります。ここにきて、日本語教員はアジア以外でのニーズも高くなっています。東欧、それから中東そして、アフリカなどではなり手が少ないエリアもあると言われており、将来に向けた需要も期待して良い業務といえます。日本国内で余地のない状態の勤務をし続けるより、資格を取得して異国で需要が高い仕事をするような未来を見据えたワークスタイルの候補としても人気になっています。それに加えて、日本語教員として成功している人は、転職をして日本語教師になった人がたくさんいます。色々な背景を持った人とともに業務につくことから、同一の勤務をしていても、画期的な人生観に出合い、数多くの刺激をうけることができると考えられます。さらに日本語を指導する学生は当然の事、外国人ですが文化の違いなど、日本語を指導するだけでなく、教えられることも多い仕事内容になります。

日本語教員としては海外で

日本語教員の働く場所としては、海外が多いです。日本語を学びたい、という人は海外に多くいるからです。それは当然であり、だからこそ、実は英語などの多言語もできるほうがよいわけです。しかし、その前に日本語教員としてのスキルがまずは求められることになります。いくつか資格がありますが、よいとされているのが日本語教育能力検定試験です。これは国家資格ではないですから、この資格があろうと日本語教師の資格があろうと別に教員免状が交付されるわけではないです。あくまで民間の資格になります。それでも高い評価を受けることができますから、これを取得するのが基本になっています。学校や組織などによって、採用条件がまったく違います。実習が重要であることもありますし、人品を重視することもあります。それは相手次第になるといえます。