日本語教員になるための資格とは

日本語教員になるために必要な特定の資格というものは実は存在していません。とはいえ、日本語を体系的に理解して外国人の方々に教えるのですから、ただ日本語を話せるだけでは認めてもらえません。国家資格がなくても、日本語教員としての有資格者でなければならないと定められています。それでは、どうすれば有資格者としても認めてもらえるのかについてですが、これには何通りかの方法がありますから、その中から自分のやりやすい方法を選べばいいでしょう。まず大学で日本語について履修してから卒業する方法がありますが、この場合は専攻か副専攻かは関係ありません。大学で日本語について学んでいない人の場合は、420時間以上日本語の教師になるための養成カリキュラムを受講するか、日本語教育能力があることを認定してもらうための検定試験に合格する方法を選ぶことになります。

日本語教員として活躍するには

日本語教員とは、日本語を母国語としない人々に日本語を教える教師のことを指し、国内外問わず活躍することができます。特にアジア圏の人々に教える事が多く、語学学校だけでなく、海外の公立の小中学校で教えるケースもあります。日本語教員になるために、特別な国家資格や、教員採用試験はありません。1988年に、文部省より発表された、日本語学校運営のガイドラインの中の教員資格ガイドラインが目安となり、教育を受ける必要性がありますが、あくまで目安であるので、採用をする機関によって採用基準が異なるので、絶対に必要な条件は存在していません。四年制大学で日本語教育を専攻できる大学もありますが、新卒採用はほとんどありません。国際化が進む中、大学卒業後に国際社会に憧れ、目指す方が多く、社会人経験を得てから教師として活躍をする人の方が多くいらっしゃいます。

日本語教員は誰でもできるわけではない

日本語教員と言うのは、日本語が出来れば誰でもできるわけではないです。かなり難しい日本語の作法を理解しておく必要があるからです。日本語を母語としていようとどうしても相手に教えることが難しい事柄も多いからです。その為、日本語が出来るからといって、相手に教えることは厳しいといえます。日本語教員、或いは日本語教師と呼ばれることもありますが、これは言語の基本的な成り立ちは正しい発音や変化なども理解しておく必要があります。そして、異文化コミュニケーションの方法としての語学を習得しておくことになります。極めて難しいことであり、国家資格はないですが、民間の資格がいくつかあります。それもセンスが必要になる資格であり、習得率は意外と低いです。しかし、頑張れば不可能なレベルではないです。国際的な活躍が見込める仕事ですから、お勧めはできます。