日本語教員に必要な能力について

現在、大学生の方は就職活動真っ只中ですよね。自分のやりたい仕事が見つからなくて悩んでいる方も多くいらっしゃるでしょう。「日本語教員」も視野に入れて活動してみてはいかがでしょうか。生まれた頃から慣れ親しんでいる日本語を正しく伝える能力があれば、国家資格などは必要ありません。外国語を話せないといけないのではないか、と不安な方もいるでしょう。まずは、相手に自分から歩み寄り、コミュニケーションを取ることが出来れば大丈夫です。また、将来海外で働くのが夢という方にもお勧めです。特に、日本と経済的に繋がりの強いアジアでは人材が不足しています。日本の魅力を伝えることが出来るとともに、その土地の魅力を知り、異文化交流することが出来ますね。グローバルに活躍することが出来るのは魅力的ではないでしょうか。ぜひ、日本語教員を検討してみてはいかがでしょうか。

日本語を教える日本語教員

日本語を外国の方に教える職業はとても魅力的ですよね。外国の方にとって日本語は、発音が違うだけで違う意味になる言葉もあるため、その違いを教えるにはコツが入ります。日本語教員になるためには、特別な資格は特に必要とせず、日本語教員育成講座を420時間以上受講することで日本語を教えることができる権利が与えられます。この日本語教員育成講座は、なんと通信講座でも受けることが可能となります。教材などで自主的に勉強をしたり、インターネットを利用したスカイプで実際に外国の方を相手に実習ができます。実習が体験できることで通信講座で受講しても、教員になってから困ることもないですし、しっかりとスキルアップすることができますね。また、通信講座なら仕事や家事をしていて忙しくても空いた時間で受講できるため安心です。日本語を教えることに少しでも興味のある方は、是非調べてみてください。

これから必要となる日本語教員

政府の政策やグローバル化の進展に伴い、日本にやってくる外国人留学生の数が増えています。この外国人留学生に対して、その人たちの外国語としての日本語を教える語学の教員が日本語教員です。われわれが外国語を学ぶのと同様に、日本語の発音や文法、会話や読み書きを教えることが仕事です。外国人にきちんとした日本語を教えるためには、文法に関する専門的な知識や指導するための技術を修得していなければなりません。言語体系的に、日本語は外国人に理解しにくい部分がありますので、その部分を上手に伝える必要があります。加えて、生活習慣、歴史、日本人のマナーなど日本文化を伝える異文化教育の役割も担います。日本語を学ぶ学習者の国、言葉、文化は様々ですし、職業も、日本語を学ぶ動機や目的など様々ですので、それぞれのニーズを把握しながら日本語教育を進めていく必要があります。そのためには、学習者の学習歴や目的などを把握し、これに基づいて授業計画を立てなければなりません。さらに教材の準備など仕事も多岐にわたります。